料理のプロが教えるタイムの使い方

横並びになったハーブ達

こんにちは。
神奈川県藤沢市にあるオーガニック料理教室、OrganicRelife講師の櫛山です。

料理教室で生徒さんによく聞かれていた、

「ハーブってどう使えばいいんですか?」

のお声にお答えすべく、こちらでご紹介させて頂きたいと思います。

情報は随時更新していきます。

料理のプロが教えるタイムの使い方

紐で縛られたタイムブーケ

名称:タイム
原産地:ヨーロッパ、北アフリカ、アジア
科名/属名:シソ科 / イブキジャコウソウ属
成分:タイムの精油の主成分はチモールとカルバクロールであり、その他シモール、シネオール、リナロール、モノテルペン、トリテルペン、フラボノイド、またローズマリー酸などのタンニンや、抗酸化剤としてはたらくビフェニルを含む。

Wikipediaより

熱を加える タイム編

 

フライパンに入っているお野菜と菜とタイム

炒める

そのまま具材と炒めます。
オイルに香りが移りやすいので、弱火でオイルと一緒にして香りを出したりします。香りが弱めなので、4〜5本程又は多めに使います。
バターとオリーブオイル、タイムを合わせてその油でお肉やお魚をアロゼしたりします。

 

ローストされたサーモンとタイム

ローストされたラム肉とタイム

・焼く(直火・炭火・炙る・ロースト・グリル・煎る)

主に豚肉、ジビエ、お魚をローストする時に使っています。
食材をアルミホイルに包み、タイムと一緒に包み焼きしたりもします。アクアパッツァなどにも使います。

 

・揚げる

香りがそこまで強くないので、揚げる時は主に飾り付けにカリッとさせたい時に。

葉をしごいて揚げた具材と混ぜ合わせるとタイムの香りが移ってGood。
フライドポテトなどが美味しい。

 

・煮る

スープや煮込み料理に茎ごと入れます。強い香りが欲しい時はドライの物を入れますが、香りが強いので入れすぎに注意します。

 

・蒸す

食材の上にタイムを1束置いてそのまま蒸す。
蒸し湯に白ワイン、タイムなどを入れてもよい。
ハーブの香りで蒸し上げると美味。主になどで使っています。

 

・燻す

燻す前の、食材をマリネする時などに使用します。

 

・茹でる

あまり聞かないです。香りが弱いので、茹でたものに添えるなどします。

 

タコ糸で括られたハーブ達

・その他


ブーケガルニの材料として。
葉を細かく刻んで焼き菓子やパン、グリッシーニなどの生地に混ぜて焼くなど。

熱を加えない タイム編

 

ハーブマリネされたイワシ

・マリネ

主に豚肉やジビエ、お魚の臭み消しとして1束、又はドライのものを食材と混ぜ合わせておく。
マリネ:例えばオリーブオイル・塩・ハーブ・スパイス・具材
漬けたハーブはそのまま火を通してもよい。
いろんなハーブを刻んでお肉に擦り込む。

 

オイル漬けされたハーブの瓶

・漬ける

オイルやビネガーに数日漬けて香りを移す。漬けたものは早めに使い切る。
ピクルスなど。

 

・和える

例えば火を加えた料理とフレッシュなタイムを合わせたり、刻んだ葉っぱを冷たいソースなどに和えたりしますハーブマヨネーズ、ハーブバターなど。

 

サーモンのグリルとアスパラガスの一品

・飾り付けとして

そのまま、又はちぎって小さくして飾り付けとして使います。
お花も飾り付けとして使うと可愛い。

 

・その他

刻んだタイムの葉っぱを天然塩と混ぜて、タイム塩など。
他のハーブと混ぜ合わせるのもよく行われます。


タイムの使い方まとめ


いかがでしたでしょうか。

タイムは比較的何にでも使いやすいという印象です。
香りが繊細なので、強い香りが欲しい時はドライを、フレッシュのものを使う時は多めに使います。

抗酸化作用と抗菌力・防腐力があり、お肉やお魚のマリネには良く使われます。

お庭でも簡単に育てられます。
たくさん育てて、魚介系のアヒージョにいっぱい使ってみましょう♫

 

料理の質問など


簡単に質問できるフォームとしてLineのオープンチャットをご用意しております。
何か疑問がございましたらこちらからでもどうぞ。

オープンチャットのQRコード
オープンチャット「OrganicRelife料理教室」

 

この度はホームページにお越し頂き誠にありがとうございます。


御用の方は下記の欄に必要事項を記入の上、メッセージをお送りください。