オーガニック野菜を買う前に知っておくべき3つの事【宅配・直送】

蒔いた種に手で土を被せている様子

こんにちは、タカシです!

本日は、オーガニック野菜について書いていきます。

近年増えてきたオーガニックショップやオーガニック市場に行くと、色んな名称の食材が置かれていますよね。

「有機栽培」、「特別栽培」、「減農薬栽培」、「自然栽培」、「無農薬栽培」、「有機肥料」、「化学肥料」、皆さんすぐ説明できますか?(^_^;)

ちなみに有機JASが定めた基準では、認可された農薬であれば使用が認められています。有機栽培=無農薬栽培ではないのです。オーガニック食品が段々と世間に浸透してきつつある今、私たち消費者が正しい知識を持っている事がとても大事になってきます。

栽培方法の詳細は農家さんに聞くのが一番なのですが、この記事ではオーガニック初心者さんや、自分が買うものをしっかり理解しておきたいあなたに向けて、オーガニック食材を選ぶ時の目安のようなものを簡単にご紹介したいと思います。

最後まで読むと、自分に合ったオーガニック野菜の判別ができるようになります!

よろしければ参考にしてみてください(^-^)/


それではいってみましょう!

ブログでは料理に関する情報を発信しております。

レシピ、テクニック、豆知識、その他お料理に関するお役立ち情報です。基本毎週更新なので、ぜひチェックして頂けると嬉しいです♪

色んなお野菜の集合

さて、早速みていきましょう。

私はオーガニック野菜を買うとき、主に次の3つをみるようにしています。

①栽培方法は?(農薬など)
②肥料の有無は?
③種はF1か固定種・在来種か

 

①は栽培方法がわかれば大体わかります。

②、③は調べたり農家さんに直接聴いてみないと分かりません。特に③を記載している所は日本の農家さんの中でも一部を除きほぼないでしょう。

私がお野菜を選んで買う条件は、

・自然栽培or有機栽培
・無農薬
・肥料は化学肥料有機肥料どちらでもOK、ただし動物性由来のものは飼料などが遺伝子組み換えやホルモン剤などの投与がないもので
・固定種・在来種

です。面倒な客だ......(^_^;)

 

それでは順を追って説明していきますね(^-^)/

①お野菜の栽培方法や農薬の有無

ほうれん草畑で土の手入れをする農家さん

スポンサードリンク

慣行栽培

従来型の栽培方法で、害虫の駆除・防除・除草の為に農薬を使い、収量増加の為に化学肥料を使います。

農林水産省の調べによると、日本のスーパーやコンビニ、食料品店で買える99%以上お野菜がこの慣行栽培のお野菜です。わーお^^;

普通の飲食店で使われているお野菜もみんなこの慣行栽培のお野菜です。

農薬使って化学肥料大量投入して生産性あげますよー!というのがこれです。


有機栽培

化学的に合成された肥料や農薬、遺伝子組み換え技術を使わず、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した栽培方法です。

化学肥料や農薬を使用せずに2年以上経過した土で栽培を行います。

ちなみに有機栽培であっても、農産物に重大な損害が生ずる危険があり農薬の使用以外には効果的な防除ができない場合には有機農産物の生産をする中でも使うことのできる農薬を定めています。

除虫菊剤、銅や硫黄を成分とした薬剤、天敵や微生物などを用いた生物農薬、性フェロモン剤などです。

肥料は有機JASが定めた基準がとても曖昧な、有機質の肥料を使用します。有機野菜=無農薬ではないのです(^_^;)

農薬は限定的に使ったり使わなかったり、肥料は動物性由来の有機質肥料使いますよー!というのがこれ。


特別栽培

まず、「減農薬栽培」「無農薬栽培」という販売の際のラベル表示は誤解を与えたり定義が曖昧などの理由から、農林水産省「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」により平成16年に禁止されました(^_^;)

確かに以前は減農薬〜や無農薬〜などの表記はよく見かけましたね。しかしそれらは農薬をどの程度使ったかどうかでの言葉でしかないのです。現在は減農薬や無農薬といったラベル表示でお野菜を売ってはいけません。

ルールとしてはその農産物が生産された地域の慣行レベル(各地域の慣行的に行われている節減対象農薬及び化学肥料の使用状況)に比べて、節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下で栽培された農産物です。

ちなみに節減対象農薬(使用を控える対象農薬のこと)を使用しなかった場合、「節減対象農薬:栽培期間中不使用」の表記となります。

無農薬の場合は『栽培期間中不使用』または『節減対象農薬:栽培期間中不使用』と書かれますが、後者はその対象農薬以外の農薬は使われていることになりますので注意。

ややこしい...^^;表記どうにかならんか...。

無農薬です、減農薬です、化学肥料ちょっとしか使用しないよ、こちらは自然栽培だよー!と、慣行栽培と有機栽培以外を一括りにしている表記がこれ。

 

明確に規定がある栽培方法はまとめると以下になります。

・慣行栽培
・有機栽培
・特別栽培(慣行栽培と有機栽培以外がこれに入る)

 

少なっ!(笑)

それではその他の、厳格に規定のない栽培方法は他に何があるのかみていきます。

水を張った田んぼで餌を食べる合鴨:アイガモ農法

スポンサードリンク


自然栽培・自然農法、他

自然農法は現在明確な規定がありません。その為農家さんの数ごとに色んな方法が存在しているのが現状です。

バイオダイナミック農法・炭素循環農法・漢方農法・MOA自然農法・EM農法・福岡式自然農法・木村式自然農法など、様々に存在しております。

一般的に自然農法は、

無農薬・無肥料、自然の生態系を充実させ、環境の循環機能を高め、より自然の機能を発揮させる永続的な栽培方法を指します。

 

自然農法の提唱者の一人である、「わら一本の革命」で有名な福岡正信さんは不耕起(畑を耕さない)・無除草を基本としていますし、MOA自然農法を提唱した宗教家岡田茂吉さんは不耕起ですが植物性の堆肥の活用をしております。

明確な基準がないので、色んな栽培方法が乱立しているのが現状です。

スポンサードリンク

②肥料の種類

 

肥料を蒔く農家さん


化学肥料のメリット・デメリット

化学肥料とは、化石燃料(原油、天然ガス)や鉱物資源(りん鉱石、加里鉱石等)が原料で化学的に製造された肥料で、大別すると以下になります。それぞれの効果は割愛します。

・窒素質肥料
・りん酸質肥料
・加里質肥料
・複合肥料
・石灰質肥料
・その他肥料 (ケイ酸質肥料、苦土肥料)


・メリット

・微生物の分解を待たず、すぐ根から吸収できる形なので即効性がある。
・有機肥料に比べてニオイやガスが発生しにくい。
・市場に安定的に供給されて入手が簡単。
・粒の形や大きさが均一で成分もほぼ同じなので、施肥量をコントロールしやすい。


・デメリット

・化学肥料は有機肥料とは違ってそのまま植物に吸収されるため、使い続けると土に含まれる有機物が減り、さらに有機物を分解する微生物も減る。(化学肥料を過剰に与えると微生物は死滅してしまう。)
・微生物のいない土壌では病原菌や病害虫が発生しやすくなってしまう。
・保水力が弱く雨が降っても圃場からすぐ排水されてしまうような土地は、保肥力も弱く植物が吸収する前に流されてしまい、近くの河川の汚染に繋がる。
・根元に与えると根を傷める原因になるので注意が必要。

 
化学肥料と聞くと身体に害があるようなイメージですが、そうでもないですね。使いすぎすると環境と作物に影響があるので、必要な箇所に最低限使うのが良いのかと私は思います。

続いて、有機肥料のメリット・デメリットをみていきましょう\(^-^)/

スポンサードリンク


有機肥料のメリット・デメリット

山盛りになった有機質堆肥


有機質肥料とは、生物由来の資源を原料とする肥料です。

基本的に有機質を成分とするが、動物の糞や草木の灰は無機物でありながら有機質肥料に挙げられます。

・堆肥......牛ふん堆、豚ふん堆肥、鶏ふん堆肥。
・動植物質肥料......魚粕粉末、菜種油粕、骨粉(動物の肉・骨や魚)、草木性植物の種子等から、圧搾等により水分・脂肪・油を搾った後の粕やその粉末。
・有機副産物肥料......汚泥肥料。


・メリット

・土壌に栄養補充と、微生物を増やして土壌改良効果がある。
・団粒構造が形成され、保水性や透水性が良くなる。(有機肥料は微生物によって分解され、その際に出す分泌物や分解されず残った有機物の一部が土に残り、団粒形成の促進につながる。つまりフカフカな土になる。)
・固形のものは効果が長く、一ヶ月ほど効果が持続する。


・デメリット

・肥料が微生物によって分解・発酵されてから効果が出るものが多く、即効性はない。(2週間から1ヶ月ほど様子をみる必要がある)
・分解・発酵の段階で熱・二酸化炭素・アンモニアガスが生じ、肥焼けを起こして生育を阻害してしまう場合がある。
・微生物の働き次第で分解状況が変わるので肥料の量がコントロールしにくい。
・原材料に限りがあり、値段が高めである。

 

あのフカフカな土は有機肥料のおかげだったんですね(^-^)/それにしても動物性由来のものが結構あります。ヴィーガンの人たちは栽培に使われる動物性由来の原料にまで気をつける必要がありますね、大変だ(・・;)

化学肥料も有機肥料も良い面はありますので、必要最低限の量でうまく使う事ができたらよいですね。

③F1種と固定種・在来種

器に入った、種取りしたお野菜の種

冒頭でも書きました、私がお野菜を買うときに気にする事。

種、です。


F1種

皆さんF1種をご存知ですか?詳しくは別の記事で解説しますが、簡単に言うとF1 種はある父親とある母親をかけ合わせてできた第1世代の種子のことです。

優勢の法則により、この第1世代の種で作られたお野菜は形も大きさもよいものが出来上がります。大量生産も容易にできて流通に乗せやすく、今やなくてはならない種になっています。日本で流通している9割以上のお野菜の種はこれです^^;

このF1種を作るとき、狙ったもの同士を掛け合わせる時に便利なのが花粉を作らないミトコンドリア遺伝子異常=『雄性不稔』の株です。

ハイ、ここまで書くと長くなってもう簡単じゃありませんよね、すみません_(:3」z)_

お野菜の多くは『自家受粉』するので、かけあわせるときに自家受粉してしまうとかけ合わせられない。そんな時この雄性不稔の株が役立つんですね。楽に作れるので種苗会社が喜びます。

このミトコンドリア遺伝子異常が、動物実験でラットの生殖能力を低下させたことが証明されました。.......しかしこの雄性不稔母系の株を使ったお野菜の、摂食による人体への影響は認められていません。

そんなに心配しなくてもいいという意見もありますが、私はちょっと気持ち悪さを感じます。ミトコンドリアの大きさは1nm、大腸菌と同じくらいの大きさでめちゃくちゃ小さいのです。

それを摂取し、消化して、日々細胞レベルで同化していく事を長年続けるとどうなるのか......私はなるべくF1種は減らしていく生活を選びます(・・;)


固定種・在来種

・固定種

自然な育種をしていくうちに、その土地の風土に合わせて性質が固定化されていった種の事を指します。例えばイタリアのお野菜の種を日本で植えて、数年かけてその土地の性質に合わせて固定(変化)化させた種は固定種といえます。

・在来種(伝統野菜)

特定の土地においてある期間育てられ続け、その土地の気候風土や環境に適応したもののことを指します。

固定種の一種で混同しがちですが、例えば壬生菜・水菜・聖護院カブ・聖護院大根は京都の在来種、湘南レッド・三浦大根は神奈川の在来種、有名な野沢菜は長野の在来種になります。


F1種と違い固定種・在来種は自家採取可能です。その土地に固定化されて行ったお野菜は見た目も味もユニークで、F1種より明らかに美味しいです。

ちなみにF1種は自家採取しても、第2世代以降は形・大きさ・味が不揃いで安定的な収穫が望めません。なので農家さんは毎回種苗会社から種を買っているのです。

固定種・在来種のお野菜はその辺の市場やスーパーでは出回っていないので、農家さんに直送してもらうか、オーガニック野菜の総合サイトで買うのが選択肢になります。

スポンサードリンク

私がオススメするオーガニック野菜の通販

さてここまでみてきましたが、これで大体どんな世界か分かってきたと思います。

正直、農薬の種類や肥料の種類、種の事まで農家さんのHPに書いてある事は殆どないです。

しかも固定種・在来種を使って慣行栽培していたり、有機栽培だけど実は完全無農薬でやっていたり、自然栽培だけどF1種でしか作っていなかったり、一概に自分の求める基準に達していない場合があります。

ですので、

・頑張って足を運んで農家さんに会いに行って、仲良くなったあと細かな内情を聞く

・既に知っている人に教えてもらう

・農薬・肥料・種の事まできちんと記載のある所で買う

 
のどれかが選択肢になります。

費用対効果を考えると、断然オススメを選ぶのが良いでしょう\(^-^)/

以下、私のオススメする農家さんや宅配サービスを載せます。記事を作り始めたばかりなので、徐々に増やしていく予定です(><。)よろしければ定期的に覗いてみてください。


・総合宅配サービス


ココノミ

オーガニック食材宅配サービスココノミさんです(^-^)/

こちらはお野菜についてかなり詳しく栽培情報が書かれていて、安心して買える事ができる総合宅配サービスです。

ココノミさんの魅力について『オーガニック食材宅配Coconomi/ココノミの魅力』で詳しく解説しております。よろしければこちらも合わせてをご覧ください。

 

食べチョク

オーガニック食材宅配サービス食べチョクさんです。

生産者への配慮と取り組みが素晴らしく、規模もとても大きいサービスです。生産者さんと利用者が直接やりとりが簡単にできるのが嬉しいです♪

食べチョクさんについて『料理人からみた食べチョクの魅力〜オーガニック食材宅配〜』で詳しく解説しております。よろしければこちらも合わせてをご覧ください。


・農家さん

Commig Soon...

 

お野菜を買う時に総合宅配サービスか農家さん直送どちらがいいか迷った時は、『有機野菜宅配を頼むなら個人農家か総合宅配、どちらがオススメ?』をぜひご参考ください♫

まとめ

いかがでしたでしょうか。

何となく言葉は知っていても、実はこういう意味だったんだ!という事が分かって頂けたでしょうか。

日本のオーガニック基準はアメリカやヨーロッパなどに比べてまだまだ遅れていて、厳格な基準がない状況です。基準がない以上、農家さんはそれぞれに正しい事を実践します。

そんな中、私達は正しい知識を身につけておかなければ、本当に必要としているお野菜を選ぶ事ができません。

今回この記事に書いた事が、オーガニック野菜を買う上でお役に立って頂ければ嬉しいです。

私は長年オーガニック業界におりましたが、固定種・在来種で自然栽培されたお野菜を初めて食べた時は本当に驚きました。味が全然違うのです。とっても濃くて、香り豊かで、美味しい。

ぜひ一度は昔の、本当のお野菜の味をあなたに味わって頂きたいと思います。

そして色んなお野菜の味を確かめた上で、自分のライフスタイルに一番合ったサービスを選ぶと良いでしょう。

何かご質問がある場合はSNSやコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせください。

最後までご覧頂きありがとうございました。良いお野菜と農家さんに出会えますように\(^-^)/

 

それではまた!

共有 :

↓↓  Follow me  !  ↓↓


 SNSにて、料理に関する役立つ知識や日々感じた事、ブログ運営について情報発信しています。

 

この度はホームページにお越し頂き誠にありがとうございます。


御用の方は下記の欄に必要事項を記入の上、メッセージをお送りください。

 

スポンサードリンク